中古住宅リフォームの指南書

>

住まいを、生まれ変わらせよう

気になる水まわりの費用はどのくらい?

修繕箇所の代表例と言えば、もちろん水まわりです。
ここでは代表的なキッチン、トイレ、風呂場を見ていきましょう。

まずはキッチンを考えてみましょう。
代表的な修繕箇所は、ガスコンロやモーター型の換気扇、食器洗機などが挙げられます。
近年はIHクッキングヒーターを取り入れている家庭も多いですね。
こちらの相場は約35万円~85万円となります。

次にトイレです。
給水タンクやリモコン操作で洗浄ができる機械の有無によって値段が変わってきます。
こちらの相場は約10万円~25万円となります。

さらに風呂場です。
浴槽の素材の種類やすぐに水が乾く床かどうかによって値段が変わってきます。
こちらの相場は約35万円~75万円となります。

素材のクオリティまで加味すると?

それでは、修築箇所に加えてその素材のクオリティまで考えると、具体的に値段はどのように定まってくるでしょうか。

まずはキッチンについて。 
コンロをガスコンロにした程度なら、お値段はお安く35万円程度となります。
IHクッキングヒーター、引き出し型収納スペースにした場合は55万円程度。
人工大理石タイルや食器洗機までつけた場合は85万円になります。

次にトイレです。
給水タンクや操作パネルが便器本体についている場合は10万円程度。
操作パネルが壁面にくっついているタイプ、トルネード洗浄にした場合は15万円程度。
さらに、オート水洗や収納とカウンター付手洗い場にした場合は25万円ほどになります。

次に、風呂場です。
すぐに乾く床を取り入れる程度なら35万円程度。
可動するシャワーや収納付きカウンターを取り入れると55万円程度。
さらに浴槽を人工大理石にしたり、浴室換気や乾燥暖房を取り入れた場合、75万円になります。


この記事をシェアする