中古住宅リフォームの指南書

>

こんな手もある!自分でリフォームしてみましょう

どの程度のリフォームなら自分でも可能?

業者に依頼するにはリフォームの規模が小さすぎる…。
そういった場合は、自分でリフォームをしてみるのも一つの手です。
具体的には、部屋の壁の塗り替えや、障子やふすまの張り替えなどが挙げられます。

部屋の壁の塗り替えは、壁に穴が空いてしまったり、汚れてしまった時などに行います。
オススメのペンキは、「イマジンウォールペイント」、「バターミルクペイント」、「Hip」、「カケルペイント」などです。
他にも、ペンキ専用バケツ、ハケ、ローラーを用意する必要があります。

障子の張り替えには、障子紙はがし、カッター、障子紙、仮留め養生テープ、障子のり、へらが必要です。
また、ふすまの張り替えには、再湿ふすま紙、カッター、茶チリ紙、障子のり、ハケ、容器、引き手用鋲抜き、クギ締め、ゲンノウ、バール、スポンジ、バケツ、なでバケ…と用意する道具の種類が沢山あって大変ですが、1度自分で挑戦してみるのも楽しそうです。

材料はどこで取り揃えれば良い?

では、いざ自分でリフォームをしようとした場合、材料はどういったところで買えば良いのでしょうか。

まずは部屋の壁の塗り替えのペンキです。
ペンキを販売しているサイトは、「ペイントストア」や「ホームセンター通販のカインズ」などがあります。サイト内の写真が豊富なので、自分のイメージしている部屋の写真を見つけて、そこで使用されているペンキを購入するのも良いですね。
ネット通販以外には、ホームセンターで購入するという手段もあります。

障子の張り替えには、張り替えるためのへらなどを、上記のネット通販やホームセンターで購入した後、障子紙を選びます。障子紙については高級なものから安いものまで様々です。基本的に楮(こうぞ)の樹皮を多く使ったものが高くなる傾向があります。

襖を張り替える際も、まずは道具を用意します。襖紙は、株式会社太陽、ルノン株式会社などが製作しているものは高級で、部屋の中もよく映えます。



この記事をシェアする